ジュースクレンズダイエット方法について

最近、アメリカのニューヨークを中心にとても人気があるダイエットが雑誌やテレビで紹介されています。その方法の名前は、ジュースクレンズダイエットというものです。昨今では、痩身効果がとても抜群だと日本でもタレントやモデルたちが実践しているそうです。その人気に火が付き、現在では一般の女性の多くが痩せるために行っています。
そもそもジュースクレンズダイエットとは、野菜や果物で作った100パーセントのコールドプレスジュースを食事の代わりに飲むものです。お腹がすいたらひたすら、このジュースを飲むことになります。ジュース以外のお菓子や食事などの固形物は、一切口にできません。お腹が空いたら、とりあえずジュースをひたすら飲むだけです。ただし行う期間は、3日間限定となります。というのも、あまりにも長くやりすぎてしまうと、体内の栄養が不足してしまうからです。なので、体によくなく、きれいに痩せることができません。
このダイエットに高い痩身効果がある理由は、果物や野菜に含まれている酵素をそのまま摂ることで、体内に溜まった毒物を排出できるデトックス作用が得られるからです。ちなみに、ジュースクレンズのクレンズとは、洗浄という意味になります。デトックス効果を得ることで、女性に多い冷え性による体のむくみを解消することができます。
その他にも、ただジュースだけを飲むことで、胃や腸等の消化器官を一時的に休ませる事ができます。人間は、食べ物を消化するにあたり、約40パーセントのエネルギーを消費するといわれています。この本来消化に使われていたエネルギーを、ダイエット中は、体内のデトックス、再生に利用できます。そうなると、体の新陳代謝を良くすることができるので、自然と痩せる体質に生まれ変わることができます。なかなか取りにくいといわれている内臓脂肪の減少にも効果があります。
コールドプレスジュースはお店でも買えますが、専用のミキサーを買えば自分で作ることができます。ただし専用の特殊なミキサーで作らなければいけません。特殊なミキサーは、普通のミキサーに比べて、ゆっくりと果物や野菜を粉砕するので熱を発生させない性質が有ります。なので、体に必要な酵素などの栄養素を壊さず、そのまま摂ることができます。
基本のジュースの材料は、キャベツ100g、ニンジン100g、リンゴ1/4個などを用意します。自分の好みに応じて、キャベツを小松菜に変えたり、リンゴをバナナに変えるなど工夫をすると良いです。作り方のポイントは、果物と野菜の両方をバランスよく入れることです。そうすることで、デトックスに必要なカリウムを効率よく摂取できるからです。さらに、飲みやすくするために、水と氷を200グラムずつ入れてミキサーで撹拌します。このように作ったジュースを飲むだけで、痩せる効果が有ります。
ダイエット中の注意点は、生活習慣に気をつけることです。たとえば、夜更かしをせずに睡眠を十分にとることです。また、日常生活で、軽いウォーキングやストレッチ、ヨガなど軽く運動をすると良いです。このように体の調子を整えることで、痩せやすくなるからです。
また、3日間のジュースクレンズが終わったら、次の日からは消化にいい食べ物を摂ることが大事です。たとえば、生野菜やお粥、うどん、スープ、スムージー、フルーツなどから食べ始めます。ジュースしか摂取していない直後に、肉などの脂っぽいものは絶対に食べてはいけません。というのも、胃や腸に刺激を与えて体調を崩す恐れも有ります。また、肉のエネルギーを全部吸収してリバウンドの恐れがあるからです。なので、徐々に通常の食事に戻すようにしていくことがジュースクレンズ 効果という意味でも大事です。